日本化学機械製造株式会社は、化学機器・化学装置・燃焼装置・超低温液化ガス機器の設計・製作・建設工事を行うプラントエンジニアリングとものづくり(メーカー)の会社です。安全への取り組みを紹介するページです。

HOME
会社概要
製品・サービス案内
製品ニュース
採用情報

安全への取組

「安全最優先」 当然といえば当然ですが、当社では何よりも「人々の身体・生命を守る」ことと理解しています。 そして、これが全社員の行動の根幹をなす規範であり、全社員が共有する基本的な価値観です。
この観点から、当社では、社員の安全衛生教育を最重要課題と位置づけ、全階層について「安全最優先」の自覚と実践のための教育を継続的に実施しています。
また、安全衛生活動を、より適切に、より効果的に展開するために、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)に沿ったシステムの構築に着手するとともに「機械の包括的な安全基準に関する指針」、「危険性又は有害性等の調査等に関する指針」に基づくリスクアセスメントや「快適職場指針」に沿った快適な職場を目指した活動も、計画的に推進しています。

画像
安全方針

当社は、
1.「安全最優先」を当社の絶対的価値観とする。
 2.労働災害ゼロを目指し、全従業員参加の下に、PDCAサイクルを適切に運用し継続的な安全衛生活動に取り組む。
 3.労働安全衛生をはじめ関係する法令を順守すると共に、当社安全衛生規程類に基づき従業員の安全衛生を確保する。
 4.安全衛生上の危険有害要因を把握し、職場のリスク低減に努めるとともに快適な職場環境形成を促進する。
 5.働き方改革を念頭に、過重労働の削減を図り、ストレス状況に自身で気づき、健康づくりの支援に取り組む。


2019年1月31日
日本化学機械製造株式会社
  代表取締役社長  高橋 正一

お問い合わせはこちら