日本化学機械製造株式会社は、化学機器・化学装置・燃焼装置・超低温液化ガス機器の設計・製作・建設工事を行うプラントエンジニアリングメーカーです。このサイトは、当社と当社の優れた製品(蒸留設備、攪拌・反応槽、熱交換器 など)を紹介するものです。

HOME
会社概要
製品・サービス案内
製品ニュース
採用情報

触媒式脱臭装置 アンモニア・VOCガス
概要
当社の触媒式脱臭装置は、貴金属触媒を利用する事により従来、脱臭が困難とされていた腐敗臭、発酵臭、アンモニア臭やVOC(揮発性有機溶媒)を完全に分解することが可能となりました。
腐敗臭、発酵臭、アンモニア臭専用の触媒とVOC(揮発性有機溶媒)専用の触媒があり、脱臭処理内容によって、選択・組み合わせが可能です。
【触媒の機能】
工場から排出される排ガス中に含まれる有害な一酸化炭素や炭水化物を、無害な炭酸ガスと水蒸気に燃焼酸化分解させます。触媒を用いないと700〜800℃という高温が必要ですが、触媒を用いることにより150〜350℃という低温で完全酸化分解させる事が可能です。低温での燃焼ですからNOxの発生が抑制できます。また同時に発生する燃焼熱は、熱回収することにより有効利用することもできます。説明図
【各種触媒写真】
各種触媒写真
Ptハニカム触媒(写真上)
Ptアルミナ球触媒(写真下)
(700〜800℃に対応した耐熱触媒も取り揃えています)
特長
  • 目的によって触媒の組み合わせが容易
  • ハニカム、球状触媒を使用
  • 優れた酸化活性を持つ
  • 低温(150℃〜350℃)で完全酸化分解
  • NOxの発生が少ない
分解式
分解式
触媒式脱臭装置フロー
【各種有機化合物の反応温度および処理後の濃度】
有機化合物 入口ガス温度(℃) 処理前濃度(ppm) 処理後濃度(ppm)
ベンゼン 210 380 <1(無臭)
トルエン 210 320 <1(無臭)
MEK 220 380 <1(無臭)
MIBK 250 270 <1(無臭)
メタノール 150 830 <1(無臭)
アクロレイン 180 500 <1(無臭)
酢酸 350 590 <1(無臭)
酪酸 250 370 <1(無臭)
酢酸エチル 350 350 <1(無臭)
アンモニア 220 500 <1(無臭)
トリメチルアミン 220 40 <1(無臭)
一酸化炭素 150 4,000 <1(無臭)
Pt-アルミナ系触媒使用  空間速度 20,000/h(0℃換算)
【貴金属触媒による工場排ガス浄化の実施例】
業種 排ガス成分 処理風量
(Nm3/min)
処理温度(℃) 処理効果
触媒入口 同出口分
グラビア印刷 トルエン、酢酸エチル、IPA 150 250 330 99%以上
オフセット印刷 アルデヒド、ケトン類 120 350 380 C1換算 3ppm以下 臭気濃度100
自動車塗装 カチオン電着塗料 230 350 380 96%以上 臭気濃度120
プリント基板製造 メタノール、フェノール、HCHO 300 250 500 99%以上
製缶 トルエン、MEK、MIBK 160 350 550 98%以上
エナメル電線 ナフサ、クレゾール 30 250 600 90%以上
鋳造 フェノール、アンモニア、HCHO 160 250 280 99.90%
みかんジュース みかんの焦臭 816 350 360 臭気濃度100
カレールー カレー、ガーリック臭 750 200 205 臭気濃度300以下
アクリロニトリル製造 プロパン、プロピレン、CO> 600 250 700 93%以上
(注)これらはエヌ・イーケムキャット社が納入した触媒実績の一部を載せたものです
お問い合わせはこちら