日本化学機械製造株式会社は、化学機器・装置、燃焼装置、超低温液化ガス機器の設計・製作・建設工事を行うプラントエンジニアリングとものづくり(メーカー)の会社です。

固液の分離、微粒子の分級、濃縮に、ハイドロサイクロン(液体サイクロン)をお試しください。


HOME
会社概要
製品・サービス案内
製品ニュース
採用情報

ハイドロサイクロン(液体サイクロン)
ハイドロサイクロン(液体サイクロン) 写真
ハイドロサイクロン(液体サイクロン)は静止状態の機器へ処理液を注入することにより分離・分級・濃縮などを行うもので、構造は非常に簡単で駆動部もなく画期的な分離機です。
ハイドロサイクロン(液体サイクロン)の構造
数ミクロン以上の微細な粒子を含む懸濁液を、円周方向に円筒形容器に高速で供給することにより、回転運動を起こし遠心力を働かせます。この時円周方向にできる重力加速度は数万Gにまで達し、急速に微粒子を沈降分離濃縮させることができます。分離濃度は、この時の供給速度(供給圧力、流量)、出口部分の流量比を変えることで自由に選択出来ます。当社のハイドロサイクロン(液体サイクロン)は、微粒子の分級・濃縮用を目的に設計製作されているため、素子単品は小さいものです。
マルチセットのラインナップ
型式 ケーシング寸法 ノズル寸法 最大処理量
胴径 入口 上出口 下出口 (m3/hr)
NHC-200 400A 32A×4コ 80A 65A 52
NHC-150 350A 32A×3コ 80A 50A 36
NHC-120 300A 25A×3コ 50A 40A 27
NHC-80 250A 25A×2コ 50A 40A 20
NHC-50 200A 25A×2コ 50A 25A 12
NHC-30 150A 25A×1コ 32A 20A 7
NHC-10 100A 25A×1コ 25A 15A 2.5
*入口末尾の数字は入口の個数を表します。
*出口入口ノズルは能力の上限・下限にて変更する場合があります。
ハイドロサイクロンによる分離曲線
ハイドロサイクロン分離曲線 グラフ
サニタリー仕様 マルチセット図
サニタリー仕様 マルチセット 図
特長
  • 設備コストを下げます
  • メンテナンスコストを下げます
  • 狭い場所で多量処理が可能です
  • 外部装置との同調運転可能
  • 運転コストを下げます
  • 原料・製品の変化に対応可能です
  • 構造がシンプルで、簡単に分離・洗浄可能です
  • 簡易制御
  • 警報・インターロック機構
用途
  • 無機粉体原料製造時の分級・濃縮
  • 含鉄粉の微粒子の除去
  • 剤中の有機微粒子の除去
  • 高温強酸溶液中の微粒子の除去
  • セラミック原料の分級
  • 顔料中の微粒子の除去
  • 澱粉とイーストの分離
  • 低温液中の微粒子の除去
当社では、最適条件を確認するため、小規模テスト機を用意しております。 ユーザー各位におかれまして、処理対象物がございましたら、是非私どもの方へご一報下さいますようお願い致します。
液体サイクロン 写真
ハイドロサイクロン テストのご利用
ハイドロサイクロンテスト ご利用のPoint〜設備検討目安〜
  • 粒子径は200μm以下
ハイドロサイクロンのサイクロン素子は、直径10mmである為、粒子径が大きい場合はご利用いただけません。
  • 分離・濃縮 目的の場合
対象となるスラリーを100〜200mL程度のメスシリンダーに摂取し1時間自然に沈殿した場合に液面から10cm以上清澄な液層が形成されるのであれば、ご利用がかなり期待できますので、是非、テストをご依頼下さい。
  • 分級 目的の場合
目視観察でのご検討は難しい為、実液でのテストが必要となります。
ハイドロサイクロンテスト ご利用のPoint〜設備検討目安 図
本テスト(有償)〜設備計画テスト〜
簡易テストのサンプルを評価・検討され、より正確なデータが必要な場合の有償テストです。20L以上のサンプルが必要となります。
本テスト(有償)〜設備計画テスト〜 図
ハイドロサイクロン処理におけう留意点
ハイドロサイクロンによるテスト、導入を検討する場合には、下記の点に留意して下さい。
  • ハイドロサイクロンは構造上、液流入部で非常に大きなせん断力を受ける為、固体強度の低い有機物や凝集物は破壊されてしまい、分離できない現象が発生することがあります。
  • 200μmを超える粒子が大量に存在する場合、閉塞する可能性があるので、あらかじめ、取除いておく必要があります。
ハイドロサイクロン処理におけう留意点 図
ハイドロサイクロン納入実績
処理物 型式 処理量(m3/Hr) 操作圧(MPa) 素子材質
澱粉 NHC-100×4基 20.0×4 0.7 ポリエチレン
澱粉 NHC-400×4基 20.0×4 0.7 ナイロン
澱粉 NHC-130×4基 ナイロン
澱粉 NHC-400×2基 78.0×2 0.45 ナイロン
NHC-350×2基 80.0×2 0.55
澱粉 NHC-200×4基 44.0×4 0.4 ナイロン
澱粉 NHC-450×2基 660.×2 0.85 ナイロン
HC-400×1基 60.0 0.45
澱粉 NHC-400×3基 78.0×3 0.45 ナイロン
澱粉 MHC-60×6基 ナイロン
澱粉 NHC-300×1基 60.0 0.8 ナイロン
澱粉 NHC-300×1基 45.0×2 0.45 ナイロン
NHC-250×1基 30.0×2 0.6
澱粉 φ20NHC-10×1基 6.5 0.6 ポリエチレン
澱粉 NHC-10×1基 2.0 0.4 ナイロン
無機原料 NHC-10×2基 2.2×2 0.4 ナイロン
食品原料 NHC-10×2基 10.0×4 0.4 ナイロン
化成品原料 NHC-1×2基 0.2×2 0.4 ナイロン
研磨材 NHC-1×1基 0.22 0.6 セラミック
電子材料 NHC-1×4基 0.16×4 0.3 ナイロン
化成品 NHC-30×1基 6.0 0.4 ナイロン
触媒 NHC-80×2基 11 0.6 セラミック
食品原料 NHC-80×2基 20.0 0.7 ナイロン
鋼業排水 NHC-10×1基 ナイロン
無機排液

NHC-50×1基

7.5 0.5〜0.9 ナイロン
電子材料 NHC-1×1基 0.2 0.6 セラミック
電子材料 NHC-1×1基 0.2 0.6 セラミック
食品排水 NHC-80×2基 21.0 0.5 セラミック
樹脂原料 NHC-1×1基 - ナイロン
電子材料 NHC-1×2基 - ナイロン
樹脂原料 NHC-1×2基 0.22 0.6 セラミック
澱粉 NHC-30×1基 6.0 0.4 ナイロン
無機排液 NHC-80×1基 15.0 0.5〜0.9 ナイロン
無機原料 NHC-10×2基 1.4 0.5 セラミック
無機原料 NHC-1×1基 - 1.2 セラミック
ハイドロサイクロンテスト実績(その他多数のテスト実績有り)
被処理物名 目的
イースト含有澱粉水溶液 イーストの分離除去
水酸化マグネシウム水溶液 分級による素粒子の除去
固形物含有糖液 固形物の分離除去
塩ビ排水 塩ビ粒子の分離除去
研磨剤水溶液 研磨剤の回収
2種類の固形物含有水溶液 重さの違う2種類の粒子の分離
硝酸カルシウム含有海水 硝酸カルシウムの濃縮
醗酵液 不純物の分離除去
触媒含有溶剤 触媒の回収
お問い合わせはこちら