日本化学機械製造株式会社は、化学機器・装置、燃焼装置、超低温液化ガス機器の設計・製作・建設工事を行うプラントエンジニアリングとものづくり(メーカー)の会社です。

蒸留塔の構造について、蒸留塔の形式による分類を紹介するページです。


HOME
会社概要
製品・サービス案内
製品ニュース
採用情報

蒸留塔の構造
1.蒸留塔の形式による分類
充填塔
圧力損失が小さいので減圧蒸留による熱脆弱物質の分類に適している。 また、分離性能が良く・処理性能が大きいので装置がコンパクトになる。

規則充填物
メッシュタイプ、シートタイプ、テクノパック、モンツパック、
スルザーパック、NKパック
不規則充填物
ラシヒスーパーリング、カスケードミニリング、IMTP

【モンツパック(銅)】
棚段塔
処理量が大きく、圧力損失が問題とならない常圧蒸留・加圧蒸留に適している。

バルブトレー
バラストトレー、フレキシトレー
シーブトレー
バブルキャップトレー

お問い合わせはこちら